ネットビジネスを行う上でのリスク比較

 まず、ネットビジネスを行う上で必要不可欠なものは何か?

 

当然「パソコン」「インターネット常時接続環境です。

 

 これが準備できていないと「ネットビジネス」は不可能です。

もしたった今から「ネットビジネスを始めたい!」という人は

「パソコン購入」「インターネットプロバイダー接続契約」

などをしなくてはなりません。

今はPCとセットでこれら環境を手に入れられますね。

 中には携帯でスマホでビジネスしたいという方もいるようですが、

PCと違ってできる事に限りがあり、その融通性もあまり高くないです。

 ではここからは、各ネットビジネスのリスクについて考えていきましょう。

 

(1)オークション 

 自分が持っている物を売る事から始めれば、発送料や梱包資材代金くらいで、

あまりお金がかかりません。ネットビジネスの感触を得るために

最初に取り組んでもいいですね。自分の要らない物も無くなって、

更に収入が得られるのですから一石二鳥ですね。

 

(2)アフィリエイト 

 アフィリエイトビジネスに関する知識とある程度の作業が必要です。

 既にパソコンを持っていて、インターネットの常時接続環境があれば、

初期投資もあまり必要なく、売れない事による損失もないので、

ほとんどリスクがない状態で行うことが出来ます。

ただし、すぐに収益が上がるということはありません。

それなりに時間が掛かります。

あくまで長期スパンで考える必要があります。

 

(3)ドロップシッピング 

 登録や契約に関しての初期投資が必要になります。

「気軽に簡単に出来る」という触れ込みで詐欺まがいの教材を

売りつける業者もいるようです。


せどり

 例えばBOOKOFF等の古本屋で100円で仕入れた本が

1,000円で売れる場合があります。 

それが「レア物(希少価値)なら、10,000円以上で売れ

大きな利益が上がることもあります。

  「レア物」は仕入れ金額も高く売られている事が多いので

それなりの投資が必要です。

 また見極め(売れるタイミングや適正な価値)を誤ると

売れずに在庫としていつまでも残るリスクはあります。

稼ぐためには日々の情報収集による高い鑑定能力が

必要になります。 

 そして、当たり前ですが、仕入れを怠ると収入がなくなります。


株式・投資など

 株式・投資などは口座開設時や株券購入時、お金を投資するので

高いリスクが発生します。

小さな投資で大きく稼ごうとすると、さらにそのリスクは高くなるそうで、

専門的な知識を持っていないといけません。

 最初から始めるネットビジネスとしては適していません。

それでも興味があり、勉強したいという強い意思があるなら頑張り次第では…・。

 

インターネットショップ

 ネットビジネスの初期よりあるビジネスモデルです。

 インターネットショップは商品を常に在庫するリスクと

売れた商品を発送したりする手間があります。

人件費もかかるかもしれません。

 当然ですが商品が売れないと、不良在庫となります。

 

商店街に店を構えるか、ネット上(バーチャルな空間)に店を構えるか、

あまりかわりばえしません。

今では両方取り入れている方が多くの場合見受けられます。

 

前のページ         次のページ