モテるプロフ写真の基準

selfphoto2

自撮り写真って
何の気なくアップしちゃいますよね。
さっき見た記事はなかなか参考になった。

写真館やプロに撮影を任せる写真なら
いいけど、自撮りが当たり前なSNSや
プロフィール写真は、得てして考えず、
その場の感覚でパチッ☆てしまいますよね。

もしネット上でモテタイならw
以下の事に気をつけて、あるいは
狙って撮影すると、好感を増すそうです。

 
↑応援よろしくお願いします!

     

     

    selfphoto次に挙げた条件が
    写真を見る人に与える
    高感度アップの秘訣。

    今後の参考にどうぞ!

     

     

    今回の元ネタはこのサイトより

    Life Hacker
    http://www.lifehacker.jp/2014/05/140509profile
    _pictures.html

     
    1.アクティブに見せる/好きなことをしている写真
    2.1人ではない写真
    3.家族との写真
    4.ペットとの写真
    5.全身の写真
    6.良さを際立たせる写真
    7.心からの写真
    8.正確かつ最近の写真

    takechyoが特に気になったのは
    5~7。どういうことかと読み進めると

    5=写真を見た人は、アップ主の本当の姿を見たいもので、不信がられず、誠実さを出すなら全身写真を載せるのは効果的だそうだ。

    6=抽象的過ぎる条件だけど、泥酔状態時の写真や変顔写真は当たり前に逆効果って事。

    7=自分が心からハッピーな気分に浸っている写真は、見た人へ好感を与える。例えば好きな食べ物とかケーキを食べて「頬っぺた落ちそ~!!」な写真や、大切な愛猫、愛犬と戯れているシーン等、自分が幸せを感じているシーンを撮影するといいらしい。

    ブログを運営する上で
    読者に好感を持ってもらうためのプロフ画像は必須。
    takechyoのように似顔絵を掲載している人も多い。

    その理由は様々で。
    ネットビジネスをしていることを所属会社へ
    知られたくない人や周囲にナイショにしているからとか
    単に恥ずかしい、見た目に自信が無い、匿名性を享受したい
    等いろいろ。

    takechyoも本来は自撮り写真をアップしたいけど
    ビジネスで納得いく実績が出るまでは、
    現状が精一杯だ…。^^;

    そうは言っても、
    写真以外で、読者から信頼を得られるものは
    考えにくいので
    今後、写真を掲載する未来の自分用に
    備忘録として参考にしたいと思った。


    p.s.

    先月、小澤さんのセミナーを受講した後の
    お茶会で、まさにその好例を目の当たりにしました。

    セミナー後のお茶会を
    地下街のファミレスで行った際
    受講生のTさん(♀)がSさん(♂)のフェイスブックの写真に
    「笑顔がない、表情が硬い」みたいな事を言った後
    「じゃ、私が撮ってあげる~♪」と言って
    サラッと写真を撮ってあげていました。

    Sさんはテレながらも
    良い笑顔を見せてました。
    後日アップされたFBとブログ掲載写真は
    その時の物で、Sさんの人の良さが前面に出た
    親しみのある人物像が描写されてました!!
    SさんGoodJob!!

    もしSNSやブログ等
    プロフ写真を載せるなら、こんな感じで
    異性に撮ってもらう事を薦めます。
    できれば撮影する側は、相手を褒めたり
    笑わせたりしながら、良い表情が出た所を
    パチリッ☆すると良い写真が撮れますよ。
    是非試してみてくださいね。

コメントを残す



ten − two =


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)