ドメインとは

このキーワードを検索したあなたは、
きっとホームページやブログを立ち上げようとしていたり、
ネットの仕組みを理解しようと、お勉強されているのでしょうね。

さてさて、この「ドメイン」というのは
いったい何なのか?
takechyoなりの解説をします。

「ドメイン」とは
インターネット上のデータ保管場所の識別コードです。

難っ・・・・  orz_01

 

簡単に言うと、
とあるホームページの所在地、住所と言い換えれば
わかりやすいかもしれませんね。

例えば、学校の音楽の授業で
先生が生徒へ教科書を開かせるため
「11ページのホタルノヒカリを開いてください」と
指定したとします。

セミナー

生徒は言われたとおり
そのページを開いて中に書かれている譜面や
歌詞をもとに歌ったり演奏したりする
情報を得ることが出来ます。

ここでいう教科書はサーバーと読み替え
ホタルノヒカリのページ指定を
ホームページ検索のドメイン指定と読み替えてください。

これで目的のページへ行き着くことが出来ますね。

このように
検索したいページをサーバー内から探してくるために
サーバーへ検索指令を出すことを「ドメイン指定」といいます。
(だいぶ端折ったり乱暴な言い方をしています。)

私達は普段、何気にこの「ドメイン」を指定して
インターネットから情報を取得しています。

具体的に言うと
「ヤフー」でニュースを見たい場合
アドレスバーに「http://www.yahoo.co.jp」と入力しますね。
あるいはブックマークからこのページを選んでクリックするだけで
目的のページを見ることが出来ます。

ここでいう「yahoo.co.jp」がドメインにあたります。

そしてこの「ドメイン」は買うことが出来ます。
これを「独自ドメイン取得」といい、
初期設置費用と月々の使用権を支払う事によって利用できます。

自分の好きなドメインをその販売している提供者サイトで
検索をかけて、もし未使用であれば手続きを経て
自分のものにすることが出来ます。

ドメインを取得してサーバースペースを用意して
設定を行い、公開したいデータをサーバーへアップロードすれば
はれてホームページ所有者誕生です。

私はここでドメインを所有する為に「買う」と表現しましたが
ドメインには中古や無料のものも存在します。

中古ドメイン(「オールドドメイン」とも言う。)は
文字通り、以前誰かが利用していたもので
今はその権利を放棄しているか、使用期限が切れてしまい
放置されていて、所定の期間(「ドメイン失効」ともいう。)を経た後、
誰でも利用できる状態にあるものをさします。
この(使用権)買い取る事が出来ます。

無料ドメインは
あるサービスがそれこそ無料で提供しているもので
そのサービスを利用するにあたり、
使用していい事になっています。

この両者の違いは明確で
ユーザーの使用目的に応じて使い分けます。

単純にホームページやブログなどを今すぐ始めたい人であれば
無料ドメインを利用したり、サービスそのものが提供している
サーバースペースで簡単に利用する方が早いです。

有名どころではアメブロやヤフー、sesaa、FC2など
様々なサービスがあります。

面倒な手続きや取得して利用できるまで
待つ事もほとんどありません。
次々出てくる案内に従って手続きをするだけですから。

そのサービス内で多くは完結することが出来るので
外部サービスへアレコレ手続きを自分で行う面倒くささも
端折ることが出来ます。
エラーもほとんどありません。

ところが
買取・中古ドメインは、その利用可能となるまで
ある一定の期間(1~3営業日以内等、業者により違う)
待たされるのです。

これはドメイン業者がそのドメインを利用可能な状態にする為
内部的な設定作業を行うためと、支払い決裁の確認時間を
要するためです。

待つのメンドクサイですよね。

じゃぁ何故、買取や中古を利用するのか?

こちらも明快です。
ここでは自分のビジネスを行っていくうえで
ドメインを利用する目的で記事を書いているので、
そこへフォーカスしてそのメリットとデメリットを書きます。

中古ドメインを利用する大きなメリットとして
過去に運営されていたサイトの評価をそのまま引き継いで
自分のサイトへ利用する事ができます。

自分のサイトを運営する上で
検索結果が上位表示(一番上に表示する事、広義で「SEO」ともいう。)
されるとページ訪問者が多くなりチャンスロスを少なくすることが
出来ますね。

上位表示されるためには様々な工夫が必要となりますが
それには多くの時間と知識と手間が必要で、
初心者にはハードルが高いです。

それをショートカットして有利に立つことが出来るので
手間も省けて、本来の目的を速やかに果たすことが出来ます。

デメリットは?
もちろん過去運営されていたサイトの
悪評も引き継ぐことになります。これは痛いです。
たくさんの人にページを見て欲しいのに
もし過去、検索エンジンからスパム扱いされていたりすると
まともな評価を受けないことになります。
例えあなたがまっとうなホームページやブログを公開していたとしても…

ただし、検索エンジン側へその旨通知すれば
この悪評は取り下げてくれるらしいですが、
その真意は定かではありません。
時間も掛かるようですし、
そもそもいつから効果が発揮されるのか?
不明だらけで時間を無駄にしそうです。

また、Googleは
中古ドメインの過去の評価はサイトを新しくすると
リセットすると公言しています。
(え?新規と条件一緒になる?)

ただしいつからリセットするとかは不明なので、
あまり気にしない人は中古で利用してもいいでしょう。

そして何といってもコストが「高くなる」傾向があります。
これはSEO上、有利な状態でサイト運営を始められるので
そのメリットを金額化した結果です。
何でもメリットを受けるには対価が掛かりますね…

もちろん安く済ませる為に自分で探し出すこともありです。
ですがその評価判断は自分にゆだねられるため、
必ずしも狙った効果を得られるとは限りません。
それら全てを業者にゆだねる事で安心・安全なサイト運営を
時間を縮めて始めることが出来ます。

一方、ドメインを新規取得するとどうなるか?

デメリットは上でも説明したように
SEOがまっさらな状態で始めなければならない事です。
自分で0(ゼロ)からSEO対策を始めなければなりません。

しかも開設したばかりのドメインは、
「エイジングフィルター」というもののおかげで
一定期間検索エンジンに表示されないという大きなハンディを得ます。
(現在では気にしないでいいという評価もあります)

これはこれで痛いですが、
逆にこの期間を準備期間と捉え
スタートラインに立った時、いきなり大量のコンテンツで
上位表示を狙うことが懸命です。

そうです。
SEOとかアルゴリズムとか大騒ぎして
システムが変更される度に右往左往する人がいますが
一番のSEO対策は「充実したコンテンツを用意する」事に尽きます。
それは多くの役に立つ情報であったり記事であったりと
いくつか評価方法はありますが、きちんと更新を怠らず
地道にやっていくことが一番効果があるのです。

takechyoの個人的見解として
ドメインを取得する際は、自分の利用目的に応じて
選択する事が大切です。

そしてあなたのページを見に来るユーザーにとって
何が求められているのか? 常に考えながら
コンテンツを準備することが一番大切です。

ブログやホームページを運営する際は
目的や狙いを決めてから、どのサービスを利用するかを考えて
作業に取り掛かりましょう。

コメントを残す



eleven + eleven =


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)