Adobe premiere pro cc導入の前に

Adobe premiere pro cc久々にブログを書いています。
というのも、集中して作業に当たる必要があって
こちらは少し更新が滞りがちなのです。

何を始めたかというと
タイトルにもあるとおり、動画編集をやり始めました。もともと興味があったのですがなかなか手をつけるのに勇気が要りました。

 

 

↓毎日暑いですね…

 

むかぁーし、アルバイトで結婚式場の
ムービーカメラマンをやっていたことがあって
ビデオ撮影には少し自信があったんです。
ま、とは言っても素人を超えない域で
「少しはできるじゃん?」ってレベルだと思います。

TVっ子なのもあって、画面の切り替わりや
効果音とか特殊効果とかとても興味津々。
今でもTVはそういう見方をしてます。

どんな切り口で楽しませてくれるのか?
ついつい分析してるのですが、それを自分で
やろうとすると、かなり資金が要りそうなので
「無理だわー」って思ってました。

 

ところが、ネットビジネスなどで
ノマドやIT系職業に人気な「MacBook」が搭載している
「Finalcut」が動画編集の敷居をだいぶ下げているのに
驚いたのと、素人でも使い方さえ学べばいくらでも
動画編集がやりやすいという環境に、「これは良い環境ができたぞ!」と勝手に思ってます。w

で、調べていくうちに
この動画編集ソフトの2台巨頭にあると思われるのが
タイトルでもあるAdobe社の「premiere pro cc」です。

takechyoはアメリカのとある動画クリエイターの
インタビュー記事を読んで触発されたのですが
このコメントがとても印象的だったのです。

「Macはユーザーの事を見放して、自分達(会社にとって)に都合の良いソフトウェア開発へ舵を切り始めた。それが気に食わない!
今後Macは多くのクリエイター離れを招くだろう。
だから他の手段を模索した。以前は使いづらかった
premierが、久しぶりに使ってみたら、思いのほかよかった!」と
興奮が伝わるようなコメントをしていたのです。

「そうなんだー」と馬鹿正直に言葉を鵜呑みにしました。
そして次のコメントがtakechyoをダウンロードさせる方向へ
仕向けたのです。

「premiereはレンダリングがFinalcutに比べて格段に早く、
やりたい作品作りがよりやりやすい!」と…。

Finalcutは使ったことないけど、クリエイターのユーザー数が
一番多いと思われるソフトより、使いやすく思った作品作りに
集中できそうだというイメージがしました。

そしてpremiereのサイトを覗いたとき
もぅ考える余地がありませんでした。
何と自動で指定した箇所にボカシを入れる機能があるのです。
こ、これは凄い!さっそく使ってみよう!となりました。

使い慣れるまでにかなり言葉の定義や意味やら
狙った効果がどこに設定されているのか?
探したり削除したり、時にウィンドウが無くなったりw
いろいろ大変でした。

そんなこんなで1作品作り上げたとき
とても満足できたのです。それくらいpremiereは
狙った編集が出来るソフトだと実感しました。
「よっしゃー!ガンガン動画作るぞー!」と
思っていた矢先…
何故か翌日から編集作業が出来なくなるという謎のエラーが多発!
何かが起きている!と直感し、PCの再起動やネットに繋がないで
動かしたり、いろいろやれる事はやったのですが動かない。
で、サイトで情報収集して、いろんな復旧方法を試すこと10個。

もぅ、これは別の問題だな…と思っていたら
見つけました。これです。まさかこんな問題に行き当たるとは…

 

PCにありがちな大問題…

 

 

 

 

 

 

 

 

互換性

 

 

 

 

 

正確には
動作保障対象外機器の利用による、不具合…
といったところでしょうか?w
(動作を保障できる要件を満たしていないので
処理が出来るほどの力を持っていないよ…ということみたい。)

もー!
昨日までスコスコ動いてたのに何故だー!!!!!
怒っても仕方ないですが、実際に動画編集できてて
作品も2~3できてたんです。何も心配なんてなかったのに。
今日からどうして編集作業できないんだよー!!

しかも、同じ作業がWindowsムービーメーカーでは
なぁ~んの問題も無くできちゃうから厄介。
大した編集が出来ないからpremiere導入なのに…。

専門家ではないので確定は出来ませんが
ほぼ間違いないだろうと推定される理由があるのです。

それは「グラフィックボード」の推奨機器でした。
takechyoのPCは4月に買ったばかりのWin7で
CPUもi5を入れました。
(本当はi7が欲しかったけど予算が)
メモリも8Gb積んでます。何も問題ないと思ってて
グラフィックボードまでは正直、
「そこまで手を入れないでも大丈夫だろう」
と高を括ってました。

ところがAdobe社のサイトや他にも同じエラー問題で
苦労した体験談、トラブルシューティングの公開サイトで
この動作推奨グラフィックボード問題がある事を
ソフトインストール後、割と使い倒してから知ったのです。

ううぅぅぅ…orz

あそこまで使えたのに、今更コレかよ・・・
とも思いましたが、ここはあえての人柱。
もしこの問題にぶち当たっている人や、今後premimereを
導入しようと考えている人へ少しでも役立つなら…と
恥を忍んで報告しました。

せっかく楽しく動画編集Life、Enjoyできると思ってたのに
思わぬ落とし穴に自ら…でしたw

 

さてさて
そんなpremiereの動作保障推奨機器は
以下のグラフィックボードとなります。
できればお試しでインストールする前に自分のPCが
対象ボードを積んでいるか確認してから利用してくださいね。

 

  • GeForce GT 650M
    GeForce GT 750M
    GeForce GT 755M
    GeForce GTX 285
    GeForce GTX 470
    GeForce GTX 570
    GeForce GTX 580
    GeForce GTX 675MX
    GeForce GTX 680
    GeForce GTX 680MX
    GeForce GTX 690
    GeForce GTX 770
    GeForce GTX 775M
    GeForce GTX 780
    GeForce GTX 780M
    GeForce GTX TITAN
  • Quadro CX
    Quadro FX 3700M
    Quadro FX 3800
    Quadro FX 3800M
    Quadro FX 4800
    Quadro FX 5800
    Quadro 2000
    Quadro 2000D
    Quadro 2000M
    Quadro 3000M
    Quadro 4000
    Quadro 4000M
    Quadro 5000
    Quadro 5000M
    Quadro 5010M
    Quadro 6000
    Quadro K1100M
    Quadro K2000
    Quadro K2100M
    Quadro K2000M
    Quadro K3000M
    Quadro K4000
    Quadro K4100M
    Quadro K4000M
    Quadro K5000
    Quadro K5000M
    Quadro K6000
  • Tesla C2050
    Tesla C2070
    Tesla C2075
    Tesla M2050
    Tesla M2070
    Tesla K10

以上、premiereを使いたい人のための
確認事項でした!w

 

 

p.s.

うーん、どうしよう。
やっぱグラボ買わなきゃだめだよなぁ…。
ああ、出費が…。

1件のコメント

  • たけちょさん

    はじめまして、ミッチーと申します^^

    ブログランキングからやって来ました。

    ちょうど今現在、プレゼンの動画を作りたいと
    思って探してたところでした。

    ただ、検索でいろいろ探したけど
    よくわからないんですよね。

    有料のソフトでも買わないといけないかな。

    このソフトも参考にさせていただきますね^^

    では応援していきます☆

コメントを残す



one × 4 =


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)