とある結果

mujyunいつも視聴しているYoutubeチャンネルで相違するアプローチ方の結果に対する話がありました。

 

あまりにも昔の自分と共通する思考というか
境遇だったので、凄く感情移入してしまいました。

あなたはどちらのタイプに当てはまりそうですか?

 

↓今日こそ梅雨明け!!!!!(切望)

 

あるソフトウェア開発の現場で
Aさん(仕事は出来ないが何故か人望がある人)と
Bさん(優秀で確実に成果を挙げられるスキルの高い人)が
社内コンペの要領で開発競争をしたそうです。

Aさんは仕事の実作業遂行能力が低いので
周りの人が仕事をしやすい環境づくりに徹して
周りに頑張ってもらうようにしました。

他方、Bさんは
その高いスキルを生かして、仕事を完遂していきました。
コツコツ努力ができ、確実に成果を出せる人です。
どちらかというと頑張っている自分の背中を見せて
周りを巻き込んでいくタイプのようです。

結果、
どちらがコンペの勝利を手にしたかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、Aさんのチームが勝利したそうです。

 

その勝因としての分析がありましたが
Aさんは仕事が出来ないことを周りが良く知っていて
そんなAさんでも人望があるが為に、チームの人が
何とか勝たせようと頑張った結果だそうです。

日本社会に良くありがちな成功パターンのように思えます。

一見、美談のように思えますが
とても危ういなぁとtakechyoは思うのです。

リーダーシップを発揮してこそ
競争に生き残れる…でも、それでいいのか?

もし、仕事がこのような形で
続けられていくとすると、この世の中には
本当に良い人材が活躍できない環境が醸成され続ける
と考えます。

何にもしなくていいなら
そこでの存在意義があやふやになると
感じるからです。

とあるイデオロギーの元では
皆が平等だから頑張らなくてもいい
「頑張ると損」という思考が蔓延するのと似ています。

そんな社会がいつまでも
よりよい環境をつくれるとはとうてい思えませんよね。

そして、いつの間にか
存在意義を失った人がどういった道を辿るかというと
往々にして、その場を後にする傾向が見られます。

この話のBさんも
最後は居づらくなって、会社を辞めてしまったそうです。

きっとフワフワしたAさんのやり方と
それを認めてしまっている環境に嫌気が差したんだと思うのです。
残念なお話でした。

 

正当な判断すらできないのにアゴで人を使う上司

仕事できないけど人柄だけで残り続ける同僚

プライドだけでゴリ押ししようとする部下

難しい事からすぐに逃げようとする人

 

上げればきりが無いですが
こんな環境に身をおいて腐っていく自分が
takechyoは許せませんでした。

自分を頼りにする家族がいたり
経済的理由で勝手が許されない状況だと
なかなか行動を起こすことって難しいですが
できることなら、自分が望んだ結果を得やすい状況に
身を置いていきたいです。

 

 

p.s.

努力が報われる結果を提示していけたら良いなぁと思う

6件のコメント

  • 人望=要領がよい となってしまったら
    コツコツと真面目に仕事をする人が馬鹿を見てしまいますね。

    ただ、依存しない自立した人々とのチームプレイは1人より何倍にも威力を発揮する気もします。

    努力が報われる結果を信じて頑張るだけです。

    • nanpuuさんへ

      コメントありがとうございました。
      私はBさんのようにコツコツと自立したチームプレイを
      歓迎するタイプなので、要領の良いだけの人に
      嫌悪感を抱いてしまいます。もっと器量よく
      物事を捉えれればいいんですがw

  • えびす

    こんにちは えびす です

    難しい問題ですね・・・

    能力が本当にあっても協調性が足りないと
    判断する会社
    協調性はあっても個人のスキルは不足
    な事を知って容認する会社

    経営者の判断一つで決まってしまう現実
    なだけに労働者の一番弱いところですね。

    やはり、
    チームやグループの総力戦で戦うにしても
    オンブにダッコではない個人ごとのスキル
    を持たなければダメですよね。

    ポチッと応援して行きます~!

    • えびすさんへ

      コメントありがとうございました。
      経営者のサジ加減でどうにでもされてしまうのが
      私達弱い立場の人間です。
      心身を病む前に自分の人生の進め方を
      改めて考えて欲しいなと思います。

  • お~はっ

    takechyoさん、こんばんは、お~はっと申します。
    吹けば飛ぶようなちっぽけな会社を経営しています。
    経営者として、社員を正しく評価することは、とても大事なことだと考えています。
    その一方で正しい評価というのは、とても難しいことでもあります。
    結果だけで評価すると、Aさんを評価してしまいます。
    Bさんは上司や社長に対してもアピール下手だったりします。
    結果的に頑張っているにも関わらず、評価してやれずモチベーションを削ぐことになってしまいます。
    的外れなコメントですみません。
    takechyoさんの記事を読んで、経営者として反省すべき点について気づかせて頂きました。
    有益な記事をありがとうございました。
    これからの更新も楽しみにしています。
    応援ポチも忘れずにしておきますね。

    • お~はっさんへ

      コメントありがとうございます。
      私はBさんタイプで評価とかも気にせず
      自分が面白いと思えることを追及しちゃう人なので
      自ら居場所を求めて出て行っちゃいますw

      会社の成長にとって正しい選択をしていれば
      自然と結果が出ているはずなので、思考が理解できれば
      納得できると思います。
      部下の言動に配慮し、メンテを怠らなければ
      どちらも上手いこと回ると思うのは甘いのでしょうか?w
      今後も経営頑張ってください!

コメントを残す



one × 3 =


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)