価値観の多様性

 今朝はいつもツルンデくれる先輩と
「突然ツーリング」に行ってきました。

 

 単に先輩のレストアしていたバイクが
仕上がったので、試走に誘われたのですが…

 2ヶ月も連続でお楽しみをお預けされていたので
布団から飛び起きてメチャメチャ熱いシャワーを浴びました。

 そのツーリング途中、お昼に立ち寄った
ご飯屋さんで、先輩とおしゃべりしてた時に
聞かされたお話し。

 

 先輩の知り合いで、台湾の大学へ入学して
編入で北京大学を卒業したという人がいるんですが

 そんだけ学歴あって、きっと中国語ベラベラで
あっちの文化やらにも詳しいであろう、そのお方が
今就いているお仕事が何か?

想像できます?


果たしてなんでしょう?


考えてみてください…

thinking  tぁ~ime!


・チッチッチッチッチッチッチッチッ


・チッチッチッチッチッ

・チッチッチッ


・チッチッ




答え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「警備員」

えええええええええええええええええ
 ハワワΣ(☆∀☆||;) 汗だく

 びっくりでしょ?w
これ聞かされた時は、軽く立ち眩みしましたw

 何でよりによって「警備員」?????
(あ、別に警備員のお仕事を非難してませんよ。
立派なお仕事だと思います。
ただキャリアと比較して、いろんなギャップが
余りあるなという印象の事を言いたいのです。)

 どうして、そうなったのか?は
詮索しなかったので不明ですが

その方曰く「疲れた・・・」のが、一番の要因とのこと。
そして「一日7千円あれば生きていけるからこれでいい」
が結論との事でした。

 うん、気持ちわかります。
むしろ私もそっち側の人間です。

 いったい何があったんでしょうね?
そんだけ世間的に大手を振って歩ける程の
キャリアがあるなら、いくらでもビジネスできるだろうし、
就職だって有利…

 でもその人が、個人がそれでいいと満足しているのなら
それはそれでいいと思います。

 きっとその方は
ある時、自分の人生を振り返って
「コレじゃない」感が膨らんだ結果、
選んだ選択肢なんでしょう。

 その結果が、今のイキカタであり
その内、何か考えが変わったら、また頑張れば良い
私はそう考えます。

 人が望むあり方や自由の形はそれぞれで違うし
迷惑掛けず生きていけるなら、それは「あり」だと
takechyoは思うのです。

 ましてやtakechyoのような頑固物には
サラリーマンは性にあわなかった。

 私よりも怠け者で仕事も出来ない実力も無い人が
格上とか、給与で段違いに差がつけられる会社なんて
いたくないから、脱サラしたわけだし…。

 

 まぁ毎月何もしないでも、
決まったお給料が頂けるリーマンと違って、
今の私は自己責任の世界に
身をおいてるので不安はそれなりだけど

 でも

 世間体なんて気にしないで
自分が思うようにありたい姿を模索して
生きていく事の方がよっぽど価値があると思います。

 だって

 やりたくない事は

やりたくない!

ですもん。

今はいろんな不安を抱えている人が多い
風潮がありますよね。

 だからこそ、自分の思うように
(善意の意味で)わがままをやったらいいと感じます。

 私はそこにずっと疑問を感じ続けていました。
「このまま奴隷のままでいいのかな?」って。
どうせ「駒」なんだから、いくらでも代えは利くしね。

 そして
自分の私利私欲の為に組織を利用する輩。
そういう「人」の使い方をする組織には、隕石をピンポイントで
落っことしてやりたいんですw

 いつか、やってみせます。
「心情的」に・・・。

 
 自分に置き換えて、いろいろ考えさせられた
お昼のひと時でした、チャンチャン♪

コメントを残す



thirteen − 1 =


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)